ブログ

不動産会社によって異なる借地権の対応

 みなさん、おはようございます。

再建築不可物件コンサルタントの田中です。



 今回は、借地権について。


借地権売却 都内
 今日、新規でいただいたご相談は「借地権」の売却でした。

そもそも「借地権」とは、土地所有者(地主)の方に土地を使う権利を借り、地代を支払うというもの。

ちなみにこの借地権は、財産権が非常に高いうえ、建物を建築することも第三者に売却することだって出来ます。

ただ、借地権の内容や第三者への売却などには地主の承諾が必要で承諾に際してまとまった金額の承諾料の支払いが必要となります。



 今日のご相談は、都内にある面積116m2の借地権の売却に関してで、なんと毎月の地代は70,000円超。

とは言え、売主様はその借地権を売却するためにまずは大手不動産会社S社に依頼されたのですが、S社の担当者は地主に何の断りもなく、いきなり売却活動、チラシのポスティングなどを実施…。

そして、地主の逆鱗に触れる…。

こうして、売りづらくなってしまった借地権。

借地人による借地権の売却に対して、地主からは無理難題が突きつけられる始末…。



 それにお客様から聞くところによるとS社の担当者は、借地権についてほとんど知識がない、と…。

ただ、借地権の売却についてS社でも他の不動産会社でもあまり知識がないのは否めない。

その理由は、そもそも借地権の不動産を売却する機会が少なく、その売り方・知識がわからないのです。



 今回のお客様は借地権の売却活動を開始して1年以上が経過し、地主に更新料も支払い、契約を更新して、今もなお売却活動中です。

もし、今回のお客様がS社でなく、最初に私の元にご相談をいただいていたら、お客様は更新料を支払わず、今ごろは売却出来ていたに違いありません。



借地権の売却をご検討中のお客様、売却を依頼される際には借地権について知識がある方にお願いするようにしましょう。(^^)

ブログ記事検索

2020年11月

ブログテーマ

お知らせ
(175)
ブログ
(472)