ブログ

タイムリーに届いた浸水ハザードマップ

 みなさん、おはようございます。
再建築不可物件コンサルタントの田中です。

 当社は、昨日より休み明けの営業を開始いたしました。
 今回は、浸水ハザードマップについて。
例年、「観測史上初」といった異常気象が発生している日本。
現在も九州地方や広島、長野県などで豪雨があり、浸水や土砂崩れが発生しています。
自然現象については、予測することが難しいため、それの対処としては「自分が住んでる地域(周辺も含む)がどういった地域で避難場所がどこなのか」を予め確認しておくことが大切。

 そんなことを思っていたところ、当社のポストには「横浜市 浸水ハザードマップ」が届いていました。
ハザードマップには浸水、内水、高潮、土砂災害などがあった場合、どういった被害がでるのかが記載されています。
ハザードマップ
当社がある場所(泉町)は緩い坂の中腹にある平坦地のため、ハザード関係の指定はされていないものの、横浜駅周辺一帯が浸水エリアでした。
そのため、川が氾濫したり、津波が起きてしまった場合は、とても危険。
もし、川が氾濫しそう、津波が発生しそうという場合には、そういった場所には行くのを控えるということが災害対策となるんですね。

それにしても、ハザードマップが届いた時期が本当にタイムリーでした。

ブログ記事検索

ブログテーマ

お知らせ
(195)
ブログ
(582)